日本刀買取ります。日本刀の買取・鑑定ならお任せあれ

  • HOME » 
  • 買取のポイント

日本刀の買取のポイント

まず、日本刀・刀をお売り頂く際には
刀剣を所持・売買するには「銃砲刀剣類登録証(以下「登録証」)」が必要です。

刀剣に登録証は必ず添付されていなければならないものです。
登録証の付いている刀剣なら誰でも所持したり売買することが可能です。
売買、運搬の際は、登録証があることをきちんと確認する必要があります。

※登録証は所持する人に対してその所持許可を与えるものではなく、美術品・骨董品として価値のある刀剣類に対して各都道府県教育委員会が鑑定し、交付するものです。

登録証の見本

①昭和26年~50年代後半まで ②昭和50年代後半から現在
(ラミネート加工がされています)
登録証の見本 登録証の見本
約10.5cm×7.4cm(A7サイズ) 約12.8cm×9.1cm(B7サイズ)

※悪用・変造防止のため、一部数字を隠しております。

登録証のない刀剣はその交付を受けないと所持も売買も出来ません。
お売りになりたいお刀に登録証がついているか、まずはご確認ください。
徹底的にお探し頂いて、それでもどうしても見つからない場合は、
登録証の再交付、新規登録をすることとなります。
登録証の無い刀剣のお買い受けは一切致しておりません。
登録証が交付されていない場合は、交付されてからのお取引となります。

日本刀を買取に出す前にチェックしたい3つのチェックポイント

1、登録証と現物の日本刀・刀が一致していますか?チェックボックス
刀身の測り方については、鞘を抜いて頂いて、長さ(棟まちのところから切っ先までの寸法)が、登録証にある
「長さ」と一致しているかどうか、反り(切っ先から棟まちまでを直線で結んだ線と棟との長さが最大となる値)
が登録証の反りと一致するかどうか、柄を抜いて、銘文の有無、銘がある場合は登録証にある銘文と
同じかどうか、目釘穴の数が登録証にある数と一致するかどうか、これらの点をご確認頂きたいと思います。
※一寸は3.03cmで計算して下さい。
2、登録証をよく見て、改ざん、加筆などはありませんか?チェックボックス
勝手に文字を足したり、砂消しゴム等で消して書き直したりされていないか、部分的に筆跡や筆記具に違うところが
ないかをご確認下さい。
※昭和50年代以前の古い登録証には、ラミネート加工(パウチ)がされていませんので特に注意して見て下さい。
ビニール袋などに入れてある場合は取り出して確認して下さい。
その上で、もしお持ちの刀剣と登録証に不一致がある場合、改ざん・変造の疑念 がある場合については、発行元の
各都道府県の刀剣担当部署に電話で内容を照会し、それらが判明した場合には、担当者の指示に従って、速やかに
登録証の再交付・新規登録の手続きを取って下さい。
3、所有者変更の届出を行いましたか?チェックボックス
所有者変更の届け出を適切に行えば、その時点で不備が判明する場合も多いです。相続や譲渡、売買などにより
刀剣の所有者に変更が行われた場合には、新しい所有者は20日以内にその刀剣を登録した教育委員会へ所有者変更
の届出を行うことが義務付けられています。
もし登録証に不備や改ざんなどがある場合などは不受理となりますので、その場合は教育委員会の担当者の指示を
仰ぎ、適切に登録証の再交付・新規登録などの手続きを行ってください

~日本刀・刀の価値を下げる「水」と「火」!?~

1、 水分に触れさせないように
鉄を材料としている以上、怖いのは錆びさせることです。錆の原因はひとえに水。
水分に触れさせることです。直接水に触れさせることは当然ご法度、それ以外にも、鑑賞の際に唾(唾液)や
汗を刀身に付着させないように注意しましょう。
また、結露の起こりやすいマンションなどで保管される場合は、特に注意が必要です。必ず油を塗って保管し、
また出来るだけ頻繁に手入れすることが必須となってきます。その他、災害によって、日本刀・刀が水に浸かってしまうこともあるようで、東日本大震災では津波によって多くの日本刀・刀が遺失、また海水(水よりもさらに錆びます)にさらされたようです。また昨今はゲリラ豪雨や巨大台風などで川の氾濫、土砂災害、住宅の浸水など多く起こって
いる中で、日本刀・刀が被害を受ける事例も多いと思われます。どうか安全な場所で保管・管理して頂きたいと
切に願います。
2、 火災による焼きのなまり
日本刀・刀は千何百度以上の高温で刃を焼き入れされています。それが火にあたると、焼きが戻る(なまる)ことと
なります。刀が焼けてしまう要因には、戦火もあり、また災害や一般的な火災の場合もあったでしょう。
近来では第2次世界大戦の際の空襲や、最近では阪神淡路大震災でも、価値ある刀が多数焼けてしまったと聞いて
おります。多くはその時点で野に朽ちてしまったり、破棄されてしまったと思われますが、現在登録証が添付されてい刀の中にも、焼けてしまったもの(焼身)の日本刀・刀が多数混在しているように感じます。その中に焼けたままの
もの、もう一度焼きを入れ直したもの(再刃)と両方ありますが、当然、元のままのものと比較すれば価値は下がり
ます。すでにそうなってしまったものは仕方ないとしても、やはり火の用心、火災にはくれぐれもご用心頂く中で、
特に刀の保管場所にはくれぐれもご留意下さい。


PAGE
TOP